【暑さ対策】エアコンを使わず無料で涼しくなる方法

夏の猛暑日にエアコンを使わずに涼しくなれる方法があります。

エアコンは電気代がかかるので、節約知識として有名です。

あるいは、エアコンが壊れたときの緊急時に活躍しそうです。

気化熱を利用する

猛暑日は、単に扇風機があっても、まったく役に立ちません。生暖かい風がくるだけで、気持ち悪くなります。

そんなときは、服の上から水を浴びると涼しくなります。

Tシャツを水にぬらして、そのTシャツを着てみましょう。

びっくりするほど涼しくなります。

涼しくなる理由は、気化熱(蒸発熱)にあります。液体は気体になるときに周囲の熱を奪います。

濡れたTシャツは、夏の暑さですぐに乾きますが、乾くときに周囲の熱を奪います。

そのため、濡れたTシャツを着ていると体温を一気に下げることができます。扇風機の風を浴びながらTシャツが乾くと、涼しさをより強く感じます。

ただし、Tシャツはすぐに乾いてしまうので、30分~1時間に1度くらいTシャツを水に濡らす必要がありそうですが。

エアコンが使えない環境はありえる

上記の知識は、エアコンの電気代をケチるための節約術として、わりと有名みたいですね。

節約術というよりサバイバル術だと思います。

エアコンが使えない環境で、猛暑日を耐えることがあるかも知れません。

  • エアコンが壊れた
  • 停電になった
  • 災害で家を失って、暑い場所に避難した

また、北海道・東北・甲信越の方は、夏が短いので自宅にエアコンがないケースがあります。

最近はそういった地域でも猛暑日になることが多いです。

猛暑日の数日を耐えるだけなら、上記の方法で凌ぐことができそうです。

貧しい熱帯の知恵

「服の上から水を浴びる」という暑さ対策は、熱帯地方では当たり前のことです。

インドは日中の気温が40度~50度になることがありますが、多くの人はエアコンの環境がありません。

そこで、服の上から水を浴びて、暑さを凌いでいるそうです。

新ゴーゴー・インド」はインド旅行記の傑作ですが、上記の暑さ対策を教えてもらうシーンがありました。

暑さ対策の知恵は社会が豊かになると失われていくものですが、災害や貧困のサバイバル時に役立ちそうです。

シェアする

フォローする