ブログを継続するコツまとめ

ブログの更新が続かなくて困っています。2ヶ月近く更新が滞ってしまいました。

ブログを継続するコツについて考えました。

文字数を気にしない

コンテンツに厚みがないと検索で上位表示されないため、「長文を書かかなきゃ」という思い込みがありました。

「短いブログ記事は価値がない」かのような思い込みです。

しかし、長文を書くのは負担になります。「長文を書かなきゃ」と思い込んでいると、ブログの更新を怠りがちになります。

これからは、短文でもいいから、書きたいことを書くようにします。

短時間で書く

これも上記と同じことですが、ブログの更新に長時間をかけていると、更新が負担になってきます。

「ブログを書く」=「精神的な負担」という方程式ができあがってしまう。

常に短時間で更新することを意識すれば、ブログを継続しやすくなります。

「短時間での更新」は多くのブロガーが主張していますが、中でもイケダハヤトさんが著書やブログで繰り返し語っています。

ブログ執筆に時間を掛けない。これが著名ブロガーの基本方針らしいですね。

その日に感じたことを書く

雑記ブログは、誰もがその日に感じていることを書いているように見えます。しかし、私はそうではありませんでした。

こんなブログにしたい、というぼんやりしたイメージがあって、それに近づけようとしていました。

そうなると、書く意欲がないことでも書かなきゃいけない気がしてくる。

やっぱり、その日そのときに書きたいことを書くのが一番です

書きたくないことを書くようなブログは続きません。

読者の人生を変えるために書く

アクセスの少ないブログは、独り言を書くようなものです。

そこそこアクセスがあっても、読者の反応は滅多に目に見えないので、やはり暖簾に腕押しのような感覚になりがちです。

「書く意義」みたいなものが感じられないのです。

そんなときは、記事を読んだユーザーにどんな変化があるのか?を想像することが大切みたいですね。

読者の反応を想像することが、ブログ更新の面白さ。

たとえば、当記事の場合・・・・、私と同じようにブログ更新が続かずに悩んでいる人がいて、この記事を読んで、「役に立った」と思ってくれたのではないか?

こんな想像をすると、記事を書いて良かったと思えます。想像することが大切ですね。

シェアする

フォローする