ブログ1ページを快適に表示できるデータ量(重さ)の目安は?

ブログ1ページのデータ量が大きすぎると、転送時間がかかって重くなります。

どのくらいのデータ量を目安にすればいいでしょうか?

平均的な目安について調べてみました。

表示が重いのはデータ量だけが原因ではない

最初に、基本を確認しておきます。

ブログ(Webサイト)の表示が重くなるのは、データ量だけが原因ではありません。

  • ユーザーの回線速度
  • ユーザーの端末(PC、スマホ)のスペック
  • サーバーの性能

このようなことも表示スピードに関わってきます。

特に、WordPressの場合は、サーバー側でデータベースを参照するプロセスが発生するので、サーバーの性能が重要になります。(キャッシュ機能を使った負荷対策も大切)

(レンタルーサーバなら共有している他サイトの負荷にも大きく影響を受けます)

ページサイズは表示スピードに影響する

そのうえで、1ページ500KBなのか、それとも10MBかといったページサイズもやはり影響があります。

大量のデータをダウンロードするとなれば、重くなって(時間がかかって)当然です

では、データ量だけに注目するとしたら、どのくらいの容量を目安にすればいいでしょうか。

目安がわかっていれば、「このページはちょっと容量が大きすぎるな。画像を減らそう(圧縮しよう)」といった判断がしやすくなります。

平均的なページサイズは2MB

ページサイズについて書かれた記事がありました。

ページサイズが大きいと、何が問題になる!結局、利用できる範囲が決まってる訳ですから・・・

2015年の段階で、Web全体の平均的なページサイズは2262KB(約2.3MB)ということです。

昔だったら1ページ2MBはかなり重かったわけですが、現在はネットの回線品質から、サーバーと端末の性能が格段にアップしています。

2MBくらいは許容範囲というか、常識なのでしょう。ちなみに、1ページ2MBなんて、ちょっと画像を使えば達してしまいます。

有名サイトの1ページのデータ容量を調べた

試しに、現時点2017年における有名サイトのページサイズを調べてみました。

ページサイズは、以下のWEBサービスで調べることができます。

Full Page Test Analysis

以下、調べたサイトです。

Yahoo!Japanトップページ

まず、Yahoo!Japanを調べました。

Yahoo!Japanのトップページは、2.2MB。意外に大きい。

ただし、下までスクロールするとわかりますが、Lazy Load(遅延読み込み)設定されていて、スクロールしないとダウンロードしないコンテンツがあります。

最初の段階でダウンロードされるのは、たぶん500KB程度ではないかと。

楽天トップページ

次に楽天。

楽天トップページは9.6MBです。

ごちゃごちゃと写真が多用されているイメージがありますので、そのくらいはあるでしょう。

有名サイトなので高度な負荷分散はされているでしょうが、トップページで10MBというのはすごい。

わかったブログ

次に、有名ブログの「わかったブログ」。

その中の最新記事の容量を調べました。

5.3MBありました。大きくて綺麗な写真が6枚使われている記事です。

ちなみに、私の環境でアクセスするかぎり、まったく重くありません。さくさくです。

用なす

最後に、拙ブログを調べました。有名ブログではありませんが、自分のブログのページサイズも気になりました。

小さめの写真を9枚使った記事「楽天モバイルからHuawei nova liteが届いたので開封」のデータサイズです。

このくらいの記事で、1.4MBあります。写真を大きくすれば、4MBくらいになりそうです。

ブログのページサイズを気にする必要はほとんどない

現在のWEBはページサイズが大きくなっています。

どんなサイトも数メガバイトですね。それでも問題がなさそう。

率直にいって、ページサイズが5MBでも10MBでも、あんまり気にすることはなさそうです。

2010年あたりでしょうか。「スマホユーザーのためにページサイズを軽くする」なんていう話がありました。

しかし、現在では、スマホで動画を観る時代ですよ。データ量は2MBとか10MBとか、そんなレベルじゃない。

画像しかないブログで、データ容量を気にする必要なんて、ほとんどないでしょうね

画像を1枚1枚圧縮して100KB→80KBにするとか、無駄な苦労かも知れません。

(ものには限度があるので、大きな画像を30枚使ったりするときは、Lazy Load設定を忘れずに)

シェアする

フォローする