楽天モバイルからHuawei nova liteが届いたので開封

スマホを楽天モバイルに変えました。

注文していたHuawei nova liteが届いたので、開封の儀を執り行いました。

いつもワクワクする瞬間です。

nova lite 開封の儀

ダンボールに同梱されていた楽天モバイルのマニュアルとSIM。

左に、「楽天モバイルユーザーズガイド」。真ん中がhulu等のチラシ。右がSIMとなります。

肝心のスマホは以下。

箱の色にしても質感にしてもiPhone風ですが、なんと側面から入れる箱。これは珍しい。

iPhoneの箱は特許になっているという話がありますので、アップルの特許を侵害しないように、こんな面白い箱になったのかも知れません。

nova liteの内容物の一覧です。

左が、イヤホンと充電ケーブル。真ん中がご本尊。右がマニュアルとケース。

スマホの背面には、フィルムがついていて、電源やSIMトレイをガイド。これはわかりやすくていい。マニュアルを読まなくてもすぐに使える工夫です。

フィルムを取った状態。背面はガラスになっていて、格安スマホにしてはまずまずの質感があります。(novaの方はアルミらしいので、それには負ける)

nova liteは、専用ケースが最初から付属されています。反射防止タイプのプラスチックケース。

ケースにこだわりがないなら、これで充分です。本体が届く前に似たようなケースを買わないように気を付けてください。

SIMトレイを引き出すためには、針金状のもので穴に差す必要があります。iPhoneもそうです。

しかし、穴に差し込むピンがなくて探してしまいました。内箱の隅っこについていました。

SIMを入れて、電源ON.

待機画面のイメージは、毎回変わります。Windows10もそうですね。あれと似たような感じ。

もちろん、好きな画像を表示することもできるでしょうが、美しいイメージばかりで、意外感もあるので、このままにしたいです。この点はWindows10も同じ。

ちなみに、ネット接続のためのAPNは、最初から設定されていました。SIMを差し込めば、何もしなくても、通話からネットまですべて可能です。

楽天モバイルのユーザーズガイドには、APNは自分で設定するようなことが書いてありましたが、機種によって違うのでしょう。(ユーザーズガイドは、iPhoneからAndroidまで書いてあるので、すべて共通みたいです)

ということで、開封の儀は以上となります。

楽天モバイルの公式ページは以下。

→  楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

シェアする

フォローする