DMMモバイルから楽天モバイルに変えた理由

今まで格安SIMのDMMモバイルを1年半ほど使っていました。

今月、楽天モバイルに変更しました。

変更した理由について書いてみます。

DMMモバイルは月額料金が安かった

昔はdocomoでしたが、1年半ほど前に、月額費用の高さに嫌気がさしてやめました。

そのとき格安SIMで選んだのがDMMモバイル。

とにかく月額費用は最安値水準です。

現在は、通話SIMで高速データ通信上限3Gのプランが1500円(税抜き)です。

1年半前は1600円くらいだったと思いますが、DMMはとにかく月額料金を最安値にすることにこだわっているらしく、値下がりしました。

そのうえDMMポイントも毎月10%の150ポイント程度配布されるので、お得感がありました。

基本的に、DMMモバイルでも不満はありませんでした。

機種変更でお得感がない

今まで、HuaweiのG620sを使ってきましたが、そろそろ機種変更をしようと考えました。

しかし、DMMモバイルで販売している端末はそれほど安くない。(機種変更の場合)

けっして高くはないけど、安くもない。

G620sはmicro SIMなので、サイズがnano SIMに変わることになると、3千円の手数料もかかる。(SIMサイズ変更で手数料がかかるのは、どの格安SIMも同じですが)

ということで、なんとなく、別の格安SIMを試してみたくなりました。

端末が安いのは楽天モバイルだった

新しいスマホは、Huaweiのnova liteを買いたいと思いました。

そこで、有名どころの格安SIMで、端末を片っ端から比較しました。

もっとも安かったのが楽天モバイルでした。

以下、Huawei nova lite 一括払いの料金です。(2017年4月19日現在)

  • DMMモバイル :19,800円(税込21,384円)
  • OCN モバイル ONE :19,800円(税込21,384円)
  • IIJ mio :19,800円(税込21,384円)
  • 楽天モバイル :15,800円(税込17,064円)

みんな横並びの価格の中で、なぜか楽天モバイルだけが極端に安い

通話SIM契約が条件となりますが、最初からそのつもりなので問題なし。

ということで、楽天モバイルに引かれました。

格安SIMの比較を見ても、とにかく楽天モバイルは端末の安さが有名みたいです。

楽天モバイルの通信速度は改善したらしい

ひとつ気がかりなのが、楽天モバイルの通信速度です。

1年半ほど前は、遅いというレビューがけっこうありました。

現在、速度を計測するサイトでは、そこそこ早いみたいです。

第4のキャリアとしてサービスを開始した「楽天モバイル」。月額2980円でデータ使い放題、国内通話が無料、海外でも無料で通信できるうえに、なんと一年間無料! 楽天モバイルのエリアは本当につながるのか? 通信速度は速い? 遅い? 機種変してでも乗り換えたほうが良い? ヤス石田がレビューします。

上記サイトでは、格安SIMの通信速度を比較しています。

LINEモバイルだけ異常に速いですが、他は似たようなもの。時間帯によっては楽天モバイルもけっこう速い。

昔のように楽天モバイルが遅いということはなさそうです

現在、楽天モバイルは格安SIMのシェアトップなので、環境改善に取り組んでいるのでしょう。これからも期待できそうです

最後の決め手は楽天スーパーポイント

楽天モバイルの通話SIM月額料金は、高速データ通信3.1Gで、1600円(税抜き)。

月額料金は他の格安SIMと横並びです

DMMモバイルと比べると100円高くなりますが、そのくらいは許容範囲です。

一番の決め手は、楽天スーパーポイントをスマホ代に使えるところ

今まで、楽天スーパーポイントを使用するために、いらないものを楽天で買ったりしていましたが、スマホ代に使えるなら、まったく無駄なくポイント消化できそうです。

これから、しばらく楽天モバイルになりますので、実際に使ったレビュー記事を追加していきます。格安SIMで楽天モバイルを検討している人は参考にしてみてください。

→  楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!

シェアする

フォローする