禁酒しているときにお酒を我慢するコツ

今、禁酒にチャレンジしています。

お酒を飲む量がかなり増えていると感じて、少し怖くなってきたからです。

飲みたい欲求を抑えるコツは、イメージを使うことです。

お酒の良いイメージを持っていたら禁酒は無理

お酒が飲みたくなると、お酒のイメージが浮かんできます。

  • ビールがコップでシュワーっと注がれるイメージ。
  • 飲んだ時のグーッとくる喉ごし。
  • 枝豆、湯豆腐、ポテチといった肴のおいしさ。

こんなイメージが浮かんできて、飲みたくなる。

それを必死で抑える。

抑えても無駄です。飲みたいイメージには勝てない

どうすればいいでしょうか。

お酒に悪いイメージを浮かべてみる

そんなときは、飲むのが嫌になるようなイメージを浮かべてみましょう。

  • ビールは、誰かがおしっこをしたものだった。
  • ワインは、有毒工場の廃液だった。
  • 日本酒は、腐ったゴミから滴った液体だった。

目を閉じて、リアルに思い浮かべてください。

お酒が飲みたい気分が、スーッと抑えられたのではないでしょうか。

このようにネガティブなイメージを使うようになってから、本当に禁酒できるようになりました。

ネガティブ・イマジネーション」のアイディアを教えてくれたのは以下のサイト。

アルコール依存症ではないけど酒をやめたいのにやめられなくて困っている人達へ、断酒スキルを教えておりましたがサイコパスから誹謗中傷の被害にあっております。

運営者の体験をもとに、断酒について有益な情報を教えてくれます。

すごくお勧めです。

飲みたい気分は意外にあっさり消える

重度のアルコール依存の悲惨さは、様々なところで見聞きします。アルコールによって脳が変形しているという話さえあります。

それだけアルコールへの欲求は強烈なのでしょう。

しかし、上記のようにイメージの力を使うことで、意外に飲みたい気分が消えることに驚きました。

アルコールの依存度にもよりますので、効き目は人それぞれだとは思いますが、イメージの力の大きさに驚くばかりです。

シェアする

フォローする