出品物の梱包には100円ショップのぷちぷちがお勧め

ヤフオクやメルカリで出品したものを梱包するときには、緩衝材のぷちぷちが欠かせません。

100円ショップで売っているぷちぷちについてレビューします。

ぷちぷちは買うべき

緩衝材は簡単に手に入るので、あえて買うのは気が引ける人がいるかも知れません。

私も以前は、ヤフオクで出品したものが売れるたびに、家の中を探してぷちぷちを使いまわしていました。

そのため、以下の問題がありました。

  • ぷちぷちが足りなくて、少ない緩衝材で梱包して配送してしまうことがある。
  • 中古の緩衝材は汚れていることがある。

梱包が不十分だったり、汚い緩衝材で商品が包まれることになります。購入した人は、がっかりすることになります。

不十分な状態で送るのは心苦しくて、緩衝材は買うことにしました。

100円ショップのぷちぷちは高くない

いつも100円ショップのダイソーでぷちぷちを買っています。

梱包クッションシート」という名称。

30cm ☓ 30cmのぷちぷちが12枚入って100円です。

1枚あたり8円ちょっとです。

イメージとして、セロテープを包んでみました。

この程度の大きさなら1枚あれば十分です。

小物なら1枚あれば十分。物によっては2枚3枚使っています。

昔の落札者に謝りたい

昔はなぜか梱包材を買う気になれず、使い古しの汚い緩衝材を使っていました。

今思えば、1枚あたり8円程度なのに何をケチっていたのか。

せっかく落札してくれた人に申し訳ない気分です。

1回の落札で、十分な利益が出ていたのに、変なところをケチっていました。

梱包はケチらない方がいいです。クレームを受けたことはありませんが、心苦しい気分で物を売るのは、精神衛生に良くない

何かを売るなら、自信を持って売りたいものです。

シェアする

フォローする