行動量を増やすコツは人のために行動すること

自分のために行動するより、人のために行動する。

そうすると、行動量(活動量)が増えるそうです。

脳は自分を基準にするようにできてない

最近、以下の本を読みました。

脳神経外科のお医者さんが、意欲を高める方法を教えてくれる本です。

その中で、「自分本位は脳にとって楽ではない」という章があります。

人間の脳は、選択肢が無限にあるような状況に耐えられません。

「どうぞ、好きなだけ自分のために生きて、好きなだけ時間を使ってください」なんて言われても、迷うだけです。

  • 自分は本当に何がやりたいのか
  • どのくらい、やりたいのか
  • どこまで、やればいいのか

途方に暮れて、「何をすればいいのか」を考えるのに脳が酷使される。そして、活動量がどんどん減っていく

何かを行動するときには、「誰のために」を考えるようにすると良いとあります。

誰かのために行動していた方が、具体的な行動目標が明確になるから、行動しやすい。脳は楽です。

仕事でもなんでも「人のため」に行動することが、活動量を増やすコツみたいです。

自由で気楽な環境は地獄

このテーマに関連して、以前読んだ本を思い出しました。

理系の研究者から小説家に転じた森博嗣さんのエッセイです。

この本の中に、学者の仕事について書いてありました。

自分で研究テーマを決めて、好きなテーマにいくらでも時間を注ぎ込める。ノルマもないし、自由に仕事ができる。学者の仕事は傍から見ると理想郷のようです

しかし、この自由な仕事はほとんどの人にとって苦痛になります。すべて自分本位でやっていくために、達成感がまったく得られないそうです。

そのため、研究という職場は、若くして心身を病んだり、自殺する人が多い。

自由で気楽な環境は、つくづく脳の負担が大きいようです。

顧客志向で行動する

現代では、自由が増えている時代です。社会全体が豊かになっている。

そのため、自由がありすぎて、脳に負担がかかり、活動量が減っている。

どうすればいいか?

ヒントになる本として、以下の本をお勧めします。

ユニクロでお馴染みのファーストリテイリング社長、柳井さんの著書。

「経営者になるため」とありますが、あらゆる仕事人に役立つ内容です。

社会の中での存在意義を考えることが出発点で、お客様の視点を持つことの大切さを強調しています。

最初にあげた本の「誰かのために」行動することに通じます。

これとは違う本で読みましたが、柳井さんは大学時代に麻雀やパチンコに明け暮れたそうです。

自由の中で埋没しそうになっていた時代から、わずか一代で世界有数のアパレルチェーンを築いてしまった。

そんな柳井さんだからこそ、自由の中で「不活動」になってしまう状態から、偉業を成し遂げるほどの「活動」状態にもっていくヒントを教えてくれます。

シェアする

フォローする

コメント

  1. かにかま より:

    いい記事でした。ありがとうございます。
    ジムコリンズの偉大な企業の研究でも、「何をやるかよりも誰とやるか」といわれてますね。
    共通点がありそうな気がしました。

  2. 管理人 より:

    こちらこそ、ありがとうございます。

    たしかに「誰とやるか」も行動量に関係がありそうですね。

    自分を基準にすると行動量が減ってしまうので、「自分が何をやるか」にフォーカスするのではなくて、「誰とやるのか」。

    行動量が増えそうなパートナーを選ぶ、ということかも知れません。