「結果」ではなく「努力」に価値を置かないと挑戦しなくなる

「結果がすべて」「成果を出せ」。こんなフレーズをよく見かけます。

「努力」を重視すると、古臭い価値観に思えるし、言い訳をしている印象さえあります。

しかし、最新の科学は、努力に価値を置くことを勧めています。

生まれつきの能力を重視すると臆病になる

子供がクイズを解けたときに、どのように誉めたらいいでしょうか?

「頭いいね」と誉めるとその子は人生に失敗するかも知れません

子供は「頭がいい」と誉められたことで、「頭が良い」という生まれつきの能力に価値を置くようになります。

するとクイズに挑戦しなくなるそうです。もし解けなかったら「頭が悪い」ということになるから。

能力がバレないように、何かに挑戦することを避けるようになる。

これは、マインドセットという本で有名な話です。

何かに挑戦したり努力することがなくなるので、能力を向上させることもできなくなる。

子供の頃に才気があって目立った人でも、能力を重視した途端に、失敗者への道を歩むことになります。

けっこう怖い話です。

努力にこだわる

じゃあ、子供を何と誉めればいいでしょうか。

徹底して、努力を誉めるべきです。「一生懸命に考えたのは偉い」と努力を誉める。

そうすると、ますますクイズに挑戦して、一生懸命に考える。

頑張ることに価値を置くようになるので、ますます努力する

能力も向上していくし、成果も出るし、人生に成功するようになる。

結果や成果にこだわるのも厳禁

当然ながら、「結果」「成果」を重視するのも厳禁です。

「結果」にしか価値がないと思えば、「失敗するかも」と思ったことには挑戦しなくなります。

やがて、何一つ挑戦しなくなる。

成果が出ないことに価値がないと、成果が出ないかも知れない行為が怖くなる

結果ではなくプロセスに価値を置くようにしないと、成功できないのです。

誉め殺しに注意しよう

日本には「ほめ殺し」という言葉があります。

「ほめ殺し」のもともとの意味は、若手の歌舞伎俳優を褒めちぎることで、その俳優が駄目になることです。

「あいつの演技はすごい!」「あいつは天才だ!」。

こんな言葉で子供時代から褒められると、有頂天になって努力しなくなり、そうなると能力が落ちていく。

やがて、能力がないことを隠すようになり能力がないと思われることを怖れるようになり、ますます努力を避けるようになる。

どんなに才能があった俳優でも、やがて駄目になってしまいます。

能力や成果を誉めることは、人の人生を狂わせるわけです

誉めるなら、努力だけを誉める。

自分を誉めるときも、能力や結果は無視して、努力だけを誉めるようにしましょう

シェアする

フォローする