手頃な価格でおススメのPCスピーカー、ヘッドフォンをしなくても音楽を楽しめる

デスクトップパソコンで動画や音楽を楽しむときに、スピーカーが欲しくなります。

ヘッドフォンでも聞くことができますが、窮屈な感覚があるからです。

お金を出せばいくらでも高いスピーカーがありますが、5千円前後で買える手頃なスピーカーをご紹介します。

昔買って失敗したPCスピーカー

以前、PCに接続する小さいスピーカーを買いました。

小さくて、四角いやつ。

これはあまりに音質が悪くて、すぐに使用をやめました。

それほど音にこだわりませんが、あまりに籠(こも)った音がするので、さすがに耐えきれずにギブアップ。

買って良かったPCスピーカー

現在使っているのは、以下のPCスピーカーです。

上記より、少し大きめです。Amazonで5千円以下でした。

こんな感じです。

安いスピーカーなのに、けっこう高級感があります。

そして何より、音がすごく良い!

PCで聴く音楽にしても、映画にしても、クリアな音が楽しめます

5千円程度ですが、たぶん1万円のものを買っても違いはわからないほどだと思いますよ。

上記スピーカーはロジクール マルチメディアスピーカー z200です。

作業用BGMで使うならヘッドフォンなしがベスト

深夜にPCで映画を観るなら、ヘッドフォンをしてもいいかも知れません。

しかし、日中、作業用BGMとしてPCで音楽を流すなら、ヘッドフォンがない方がいいです。

ヘッドフォンをかけずにスピーカーから音を出すと、ものすごい開放感があります。

これに慣れると、もうヘッドフォンには戻れないです

ヘッドフォンをつけると窮屈で、拘束感があるからです。

唯一の弱点はボリュームコントロールが電源を兼ねていること

上記スピーカーは安い割に音質がすごく良くて大満足なんですが、1つ弱点があります。

ボリュームコントロールと電源が一緒なんです。

だから、電源を切ることにボリュームを最小まで下げることになります。

毎回、電源を入れるときに、音量を調節することになります。

そこがちょっと面倒ですね。

ただし、PCで動画を楽しむときには、動画ごとに音量が異なったりします。どのみちボリュームを変えることもありますので、許容できる弱点です。

しかし、「電源さえ別なら!」と惜しい気がします。

シェアする

フォローする