なぜあの人は仕事ができるのか?会議の発言を録音して分析しよう

このページでは、盲点となっている仕事術を紹介します。

ズバリ「優れたビジネスパーソンの発言を録音すること」。

誰からも一目置かれるあの人は、いったいどこが優れているのか。

それを分析して、優れた部分をそっくり身につけてしまう仕事術です。

エース級の人材は何が違うか

どんな職場にもエース級の人材がいます。

会議では、誰もがあの人の発言に耳を傾ける。

商談では、いつも説得力のある言葉でクロージングに結びつける。

そういった「できるビジネスパーソン」に追いつくためには、何をすればいいでしょうか?

会議や商談のシーンで、彼らの発言を録音して、家に帰って分析しましょう。

なぜこの人はすごいのか。自分と何が違うのか。

霧が晴れるように明らかになります。

同僚の発言を録音?

職場の同僚の発言を録音する。

最初はかなり違和感がありましたが、ある本でこの仕事術を知りました。

「英語で説明する全技術」という本。

著者はゴールドマンサックスに勤めていました。

そこで、優秀な上司がいた。

なぜこの上司の言葉には、誰もが惹きつけられるのか?

それを分析するために、ボイスレコーダーで上司の発言を録音し、家に帰って分析したそうです。

この話を読んで、著者が桁外れに優れた人材であると確信しました。

上司の優れた部分をそっくりそのまま習得してしまったからです。

ここまでやっている人は滅多にいません。誰もやっていない仕事術であり、成長の秘訣です。

録音することで分析できる

重要なのは、家に帰って、録音した音声を分析することです。

職場の会議に同席しているときは、話の内容に追いついていくので精一杯です。

会議に参加しているわけだから、いつ発言を求められるかわからない。どうしても会議の流れに意識が向いています。

同僚の発言を分析している余裕はありません。

録音した音声を家で聴くからこそ、冷静に分析できます。

自分の発言も同時に聴き直せば、「その人と自分との違い」がわかります。

発言の許可をどう得ているか、切り口、つかみの言葉、ロジック、説得力のある結論の出し方・・・

ぜひ「優れている人の秘密」を解明してください。

録音する方法はバレないように

さすがに、堂々と録音するわけにはいきません。

わかりやすいICレコーダーで録音をはじめたら、「何を企んでいるんだ?」と警戒されます。

だからといって「録音させてもらっていいですか?」とは言えません。

やはり、バレないようにこっそり録音した方がトラブルがありません

バレない録音を重視するなら、以下の「ボールペン型ICレコーダー」がお勧め。



ボールペン型ICボイスレコーダー

ごく普通のボールペンとして使えるので、バレることはありません。

スパイ並みの偽装です(笑。

1万本売れているので、持っているビジネスパーソンはけっこういます。

すぐに録音できるボールペンは、1人1本は持っておきたいツールです。

「いや、普通のICレコーダーで十分だ」というなら、AmazonのICレコーダー一覧でどうぞ。

→ ICレコーダーの一覧(Amazon.co.jp)

シェアする

フォローする