SSL化が上手くいかない理由はアフィリエイトリンクだった

運営しているブログのSLL化を順次進めています。

SSLがエラーになってしまうページがあり、手こずることがあります。

原因はほぼ決まっていて、過去に貼ったアフィリエイトリンクです。

このあたりの情報をシェアします。

SSLが上手くいかないページ

SSLが上手く行っているサイトは以下のようにURLが表示されます。(グーグルクロームの場合)

カギマークのアイコンおよび「保護された通信」と緑色で表示されます。

しかし、中にはSSL化したはずなのに、エラーになるページがあります。

こんな表示に変わります。

ビックリマークのアイコンをクリックすると「このサイトへの接続は完全には保護されません」と警告が出てしまいます。

SSLのエラーになっているわけです。

HTTPSに対応していないアフィリエイトリンクが問題

SSLがエラーになってしまう原因は、私の場合はほぼすべてアフィリエイトリンクでした。

HTTPSに対応していないアフィリエイトリンクがあると、SSLエラーになってしまうのです。

現在、A8にしても、アマゾンにしても、主要なアフィリエイトはHTTPSに対応しています。

しかし、HTTPS対応していないアフィリエイトリンクは、エラーとなることがあります。

amazletでアマゾンリンクを貼ったのが問題だった

仮に、アマゾンの商品紹介リンクを貼るとします。

アマゾンのアソシエイトにログインしてタグを取得したり、あるいはアソシエイトツールバーからリンクを貼れば、問題はありません。

アソシエイトツールバーは、もちろんHTTPS対応ですから、何の問題もありません

しかし、amazletのような外部ツールでアマゾンリンクを貼っていると、SSLエラーになってしまうことがあります。

HTTPSに対応している外部ツールなら構いませんが、amazletは対応していませんでした。

私は、amazletリンクをすべて入れ替えました。

大量にブログに貼っていたので、すべて張り替えるのは結構な手間でした。

Search Regexで検索してリンクを張り替えた

問題のあるアフィリエイトリンクを入れ替えるときは、Search Regexが役に立ちます。

Search Regexは、ブログ内のテキストを検索したり、置換できるプラグインです。

私の場合、amazletで張ったリンクがすべてエラーになったので、amazletで検索しました。

amazletでアマゾンリンクのタグを取得すると、タグの中に

name=”amazletlink” の文字列が入ります。

どのページにamazletのリンクがあるのか特定できますので、あとは1つ1つ張り替えました

ページ数の多い人は、Search Regexを活用すると、問題のあるアフィリエイトリンクの特定に役立ちます。

シェアする

フォローする