個人事業をやるなら大量行動(ショットガンアクション)が大切

個人事業でそれなりに成功している人達をみると、とにかく行動量がすごいです。

私には真似ができないレベルの行動量です。

資金も技術も人材もない個人事業では、主たる資源は「事業主の行動」しかないので、行動量がそのまま事業の成否に結びつくのでしょう。

大量行動は、別名「ショットガンアクション」と呼ばれています。

考えてないで全ての施策を実行する

ショットガンってのは、散弾銃のことです。小さな弾が散開して飛ぶ。

だから、的に当たりやすい。下手な鉄砲数うちゃ当たるってことです。

ライフルのように、狙いすまして一撃必殺ではない。

ショットガンアクションは、とにかく思いついたことは全部やることを意味します。

ショットガンアクションについては、以下のページで面白く解説されていました。

マンガで分かる心療内科in秋葉原 思いついたことは「全部」やれ!~ショットガン・アクション ◆ 解説 まとめますと、 ・とにかく思った行動は全部やれ という話でした。 実際に 「僕...

重要なポイントは、「考えても無駄だ」ってことです。

上手くいく方法を厳選しようとしても、事前にわかるわけがないんです

優先順位さえ不要です。何を優先すべきかなんて、結果論でしかわかりません。

私の場合、どうしても「一番上手く方法がわかれば楽だ」という発想をしてしまう。そして、優先順位を考えているうちに時間が過ぎてしまいます。

思いついたことをすべて同時に実行するのが大切なんでしょうね。

時間がないから生産性を向上させる

集客にしても、商品開発をするにしても、思いつく限りの施策を実行する。

そういったショットガンアクションをする。

当然、時間は足りません。

だから、いかにスピードアップするかが大切です。

  • 顧客に求められている品質だけを達成し、過剰に品質をあげない。
  • 顧客に求められていない部分は大胆に捨てる。
  • 生産性のない無駄な行動は大胆に捨てる。
  • 時間管理とハードワークを徹底させる。

生産性をかなり意識していないと、ショットガンアクションは成立しません。

ハードワークは欠かせない

ワークライフオブバランスの時代に逆行するようですが、個人事業をやるならハードワークは欠かせないです。

短時間労働で成功するなんて、そんな甘くないです。成功した結果、短時間労働で暮せることはありますが。

ハードワークについては、世界最高の起業家イーロン・マスクが「週100時間働け」と言っています。

週100時間ということは、1日14時間以上で休みなしです。

これはちょっと無理があるような(笑。

ものの喩えでしょうか。でも、本気で言っているようにも聞こえます。

仕事が楽しいからできることでしょう

競合相手が1年で実行することを3ヵ月で達成していくのが大切だとのこと。

イーロン・マスクのテスラは、電気自動車の開発で熾烈な競争をしています。経営者はこのくらいのエネルギーが必要なのでしょう。

起業したら、大量行動とハードワークが成功のカギになるってことですね。

シェアする

フォローする