カギがない!カギを失くしたときの対処と予防法

外出先で家のカギを失くしたことがあります。カギを落としたのは初めてだったので、ちょっと動揺しました。

カギを失くした後でやったことと、カギを失くさないための工夫についてご紹介します。

カギを失くした理由

家についたらポケットにカギが入ってなかったので、失くなった理由はわかりません。

考えられる理由は、スられたらか、落としたかです。その日は人で混雑する場所には行っていないのと、財布とは違って小さなカギを抜き取るのは難しいでしょうから、落としたと思っています。

今まで一度もカギを落としたことがなかったのに、今回にかぎってカギを落とした理由。

考えられるのは2つ。新しいジーンズを履いていったこと。今までより若干ポケットが浅かったです。

もう1つの理由は、カギを入れたズボンのポケットにスマホを入れて、スマホを出し入れしたことです。スマホを出したときに、カギが引っかかって落ちたのだと思います

教訓:財布やスマホのように外で出し入れする物と、カギとは同じポケットに入れない方がいい。

カギを失くして家に入れないときはどうするか?

今回、たまたま家族が先に帰っていたので、家の中に入ることはできました。

家の中に誰もいなければ、閉め出された形になります。一人暮らしの方もそうなるでしょう。

そこで、カギをなくして家に入れないときのことを調べてみました。

カギを紛失して家に入れない時は、「鍵開けサービス」があります。

電話すると、プロの錠前屋が日本全国駆けつけてくれて、カギを開けてくれます。家のカギだけでなく、車とかアタッシュケースも対応しているそうです。

カギがない! → 電話する → 錠前屋がやってきてカギを開けてくれる

こんな流れになります。

価格は5千円〜1万円が相場ですね。(地域によって多少異なると思います)

→ Googleで「鍵開けサービス」で検索

特定の業者のリンクを張るのもアレですから、検索結果のリンクを張っておきます。↑

都市部ならすぐに駆けつけてくれますが、地方によっては時間やコストがかかるかも知れません。地方の方は、スペアキーを物置に隠しておいたり、何らかの対策があった方がいいと思います。

真冬の深夜に家の前で閉め出されたりしたら、命に関わるかも知れません。カギを失くして家に入れないときのことは、考えておいた方がいいです。

寒い

スペアキーを作った

今までカギを失くしたことがなかったので、スペアキーを作ったことがありませんでした。

カギを失くした以上、カギを作らなくてはなりません。

私は近くのプラスワンで作りました。プラスワンは、靴修理、かばん修理、合鍵作成といった作業をしてくれるチェーン店です。

合鍵だけを商売にしている業者は少なくて、靴修理・かばん修理といった業者が合鍵作りもやっているケースが多いです。

合鍵を作りたいときは、「(お住まいの地域) 合鍵」で検索すれば、何らかの業者がヒットします。

合鍵作りを初体験

初めての合鍵作りは、なぜかドキドキしました。「合鍵を作る」って刑事ドラマでしか見たことがないので、なぜか悪いことをやっているかのような変な気分でした(笑。

プラスワンに行って、「合鍵作ってほしいですけど」というと、カギを見てから、5分位とのこと。料金は465円?(半端な金額で失念)。とにかく、500円以下で安かった。

鍵の種類によって作業が変わるでしょうから、価格は様々だと思います。

作業工程は見ていませんが、5分位と言われたので、たぶん、合鍵作りは機械で行うのでしょう。

まあ、当たり前ですよね。職人が手作業で合鍵作りをしたら、万単位のお金が必要になるでしょう。今の時代は、全自動の機械で行うのだと思います。

出来上がった合鍵は、ピカピカの新品。なぜかうれしかった。

当然ながら、合鍵を作るときには、身分証を出したりしません。そんなことをしたら、合鍵をこっそり作られて悪用されるリスクがありますよね。

合鍵作成はすべて匿名で行うものです。

カギの紛失を防ぐには

新しいカギが手に入りましたが、「また紛失するのではないか?」という不安があります。

一度失くすと自信を失ってしまう。もう、今までのように、カギを適当にポッケに入れる気になれません。

鍵にキーホルダーをつけても落としそうだし、キーケースに入れてもやっぱり落としそう。

カギの紛失を防ぐには、やはりチェーンをつけるしかないでしょう。

↑Amazonで買ったキーチェーン。300円くらい。

以下の商品と迷いました。

こちらは革製で1200円くらい。

見栄えは革の方がいいですが、チェーンの重みに安心感があって、今回はチェーンを選択。

キーチェーンは、外出時にはベルトループに付けるようにしています。ベルトが通る輪っかの部分に引っ掛けるだけなので、たいした手間ではないです。

これで、カギを落とす心配から開放されました。

カギを財布の中に入れてはいけない

落としたカギですが、「誰かに拾われたらどうしよう?」と不安になりました。

まあ、どこのカギかわからないので、悪用されるリスクはほとんどないわけですが。

それでも、カギを落としたことがわかったときに、真っ先に「悪用されたらどうしよう?」と思うものです。

当たり前ですが、カギに個人情報をつけるべきではありません。

財布の中に家のカギを入れる人がたまにいますが、万が一、財布を落としたらどうなるでしょうか?

財布の中には、免許証、ポイントカード、キャッシュカードなど、個人情報に関わるものが入っているものです。住所を突き止められる可能性があるわけです

財布に自宅のカギが入っていたら、悪い人がそれを拾った時に何が起きるでしょうか?

ということで、カギは財布に入れるべきではありません。カギはあらゆる情報から分離して持ち歩くこと

そして、失くさないためには、上記のようなキーチェーンをつけましょう。

シェアする

フォローする