【夏の寒さ対策】夜の気温低下や冷房にそなえて長袖シャツを持ち歩く

暖かい季節になってきましたが、夜は気温が急激に下がることがあります。

また、夏になると冷房が効き過ぎて寒い室内が多いです。

夏の寒さ対策として、長袖シャツの持ち歩きが一番です。

夏に寒くて体調を崩す人が多い

暑い夏に半袖を着るようになると、寒くて体調を崩すことがあります。

  • 夜になって急激に気温が低下した
  • 雨が降って急激に気温が低下した
  • 職場、学校、お店、レストラン、映画館などで冷房が強すぎる

薄着の季節だからこそ、寒くて困ることが増えるのです

夏風邪は長引くと言われるように、夏に体調を崩すと悪化することが多いようです。

長袖を持ち歩くのが一番

私は数年前から、どんなときでも長袖をバックに入れて持ち歩くようにしています。

気温35度を超える猛暑日でも、バッグのなかに長袖を入れます。冷房がガンガン効いている場所で着るためです。

「何で今まで持ち歩かなかったのか?」というくらい役に立っています。

外出時、夜になって急激に気温が下がりだしても、まったく不安になりません。

長袖シャツは限界まで丸める

長袖シャツは限界まで丸めてあります。

綺麗に畳んだ状態では、バッグの場所を取って、かさ張るからです。

小さく丸めるので、当然くしゃくしゃになってシワになりますが、「寒すぎる緊急時に着るだけ」なので、気になりません。

冷房が強すぎる店内とか、夜の帰宅時に着るだけです。

ポリエステル100%のシャツならシワにならない

もしシワだらけのシャツを着るのが嫌なら、ポリエステル100%の長袖シャツがお勧めです。

どれほど小さく丸めてもシワになりません。また、コットンの生地より小さく丸めやすい気がします。

ポリエステルのシャツは、南国で着るような材質だけに派手な柄が多いのが難点ですが。

シェアする

フォローする