現実が辛い人は必見!健康的に現実逃避する方法

誰でも現実から逃れたいときはあります。

現実のストレスが重いときには、現実を忘れる時間をもちましょう。気持ちがフレッシュになります。

健康的な現実逃避の方法についてご紹介します。

現実が辛いときほど酒やギャンブルは厳禁

現実が辛いと、酒の量が増えたり、食べ過ぎたり、パチンコに走ってしまうものです。

現実逃避がしたいときは、依存性のあるものに惹かれるみたいです。

酒浸りやギャンブル三昧になれば、人生を崩壊させてしまうことにもなります。

現実逃避の手段だったのに、それ自体が現実の悩みに変わってしまいます。暴飲暴食やギャンブルで現実逃避するのは絶対にやめましょう。

体を動かすのが一番

現実を忘れる最高の手段は、運動です。

子供の頃、思いっきり体を動かして、ハイになったことはありませんか?

頭が真っ白になって、気分は向上し、自信がみなぎる

運動をすると、単に体に良いという話ではなく、脳に良いのです。

名著です。運動することで、脳にどのような変化が起きるのか解説する本です。精神的な病気も運動によって治るし、予防できるという。

この本を読むと、運動がどれほど心に良いのか納得できます。

本のタイトルは「本脳を鍛えるには運動しかない」ですが、私に言わせれば「現実を逃避するなら運動しかない」です。

ウォーキングもいいけどダッシュがオススメ

手軽な運動といえば、ウォーキングがあります。健康に良いことが知られている有酸素運動です。

外の空気を吸って、陽の光を浴びて、リズミカルにウォーキングする。

すると脳内のセロトニンが分泌されるので、精神的な健康にも最適です。

実は、ウォーキングにダッシュを混ぜるともっと良いのです

ダッシュというのは、ごく短時間でいいので「ハーハー」と息が切れるほど走ること。100mを2本でいい。

すると、脳(精神・心)の健康にさらに効果があります。

現実が嫌になったら、とりあえず走ってみないか?

昔の青春ドラマは、葛藤に苦しむ主人公が「ウォー」と叫びながら走るシーンがつきものでした。

これは理に適った行動だったみたいです。

不安、葛藤、後悔、怒り、絶望、焦燥感、倦怠感・・・

すべて走ることで脳内から吹き飛ばすことができます。

とにかく、嫌になったら走りましょう。子供の頃のように。

シェアする

フォローする