金を貸してくれと言われたら?借金を上手に断る方法

お金の貸し借りはトラブルの元です。

友人・同僚・知り合いから借金を頼まれても、上手に断りたいところです。

角が立たないようにして借金を断る方法をご紹介します。

口実と意見をセットにして借金を断る

今までの私の経験から、もっとも上手な断り方は、口実と意見をセットにすることです。

借金を断る口実

まず、お金を貸せない理由を伝えましょう。貸せるほど余裕がないと伝えるのが一般的です。

  • 最近、物入りで余裕がない
  • もとからお金に余裕がない
  • 今後、大きな支出が控えていて、家計が苦しい

貸すつもりがないなら、嘘でもいいから「お金に余裕がない」と言ったほうが角が立たないです。

借金についての意見

次に、お金の貸し借りはしないポリシーだと伝えましょう。

  • 借金はトラブルになるから、貸し借りはしない
  • 祖父母から「金の貸し借りをするな」と教えられている
  • 誰にたいしても、お金をやりとりは避けるようにしている

要するに、「あなただけに貸さない」のではなく、「誰にたいしても貸さない」ことを伝えましょう。

なぜ口実と意見をセットにすべきか

口実と意見をセットにすると、以下のような断り方になります。

「私だってお金に余裕がなくて困っている。それと、トラブルになるから、誰にたいしても金の貸し借りはやらないことにしている」

「お金がない」という口実だけだと、「じゃあ金があったら貸してくれるのか?なんとか金を作ってくれないか」と相手が思うかも知れません。

お金を貸さないこちらの決意がはっきり伝わらないのです

「今、お金がないから貸せない」に加えて、「仮にお金があっても、私はお金の貸し借りをしない主義だ」とセットで伝えましょう。

こう伝えれば、借金を申し込んだ方は、諦めるより他ありません。

個人間で借金をする時代ではない

江戸時代のように社会が未成熟だった時代は、個人間で盛んに金の貸し借りがされていたそうです。

そのように助け合わないと生き残れなかったわけです。

この本では、親類に多額の借金をしていた武士の一家が描かれています。百姓や町人も同じでしょう。

しかし、現代は、個人間で借金をする時代ではありません。

クレジットやカードローンのような消費者金融が行き渡り、事業者と個人での貸し借りが基本です。人間関係の情を根拠にしていないので、後腐れがありません

万が一、困窮したときには、生活保護をはじめ社会福祉制度も整っています。

お金がないなら事業者から借りるべきで、信用がなくて借りられないなら諦めるべきです

シェアする

フォローする